The Tsurugaoka Hachimangu
 新着情報
 時節の祭
 教化活動
 鶴岡八幡宮墓苑
 槐の会
 申込用紙請求(個人)
 申込用紙請求(法人)
 季刊「悠久」
 悠久バックナンバー
 表紙写真の紹介
 更新履歴

トップページ

2020-05-22

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う神社行事対応について

新型コロナウィルスの流行を受け、神社に於ける感染防止の観点から、今後の神社主催の行事等につきまして別紙ご案内の通り対応することとなりますのでお知らせ致します。

2020-04-15

新型コロナウイルス感染拡大のためご参拝が叶わない皆様へ

御祈祷は神社に参拝して直接お受けいただくのが本来ですが、今般新型コロナウイルスの影響により、外出自粛の要請や、遠方にお住まいの方、また諸種の事情により鎌倉へのご参拝が叶わない皆様に、当宮では御祈祷の郵送申込みをお受けしております。

御希望の方は以下「もっと詳しく」をご参照の上、お申込みください。


2020-04-15

〜神様いつもありがとう...この気持ちをお供えに込めて〜

御日供献饌講
令和2年度講員募集のご案内

 鶴岡八幡宮では、毎朝八幡大神さまに米、酒、季節の野菜や果物などの神饌(しんせん)をお供えしています。この日々のお供えをさし上げる神事を「御日供祭(おにっくさい)」といい、皇室の弥栄(いやさか)と国家の隆昌をお祈りしています。

そして御日供を奉献していただく方々の集いが「御日供献饌講」です。御日供祭ではその日に奉献された講員の方の御祈願もあわせて行います。また奉献日には御日供祭にご参列いただくこともできます。

御日供献饌講の講員は、随時募集しており、献饌料は1口1万円となります。

お誕生日や記念日等を、奉献日として指定していただくことも可能です。奉献日にはご家族皆さまで、早朝の明るく清々しい御社殿での御日供祭にご参列されてはいかがでしょうか。

2020-03-13

鶴岡八幡宮境内における取材・撮影について

鶴岡八幡宮境内(段葛を含む)は、厳粛な祭祀の場であり、神域の尊厳・清浄を護持する為、個人観賞の範囲を超える撮影行為(業務目的・公開目的等)や取材を行う場合、当宮の許可が必要となります。
境内における撮影・取材については別紙要綱をご参照願います。

2020-03-16

〜 攝末社祭典のご案内 〜

 鶴岡八幡宮境内には主祭神と縁の深い神様をお祀りする摂社、弁天様やお稲荷様をお祀りする末社があり、4月は桜や躑躅が満開の中、各社の例祭が厳粛に行われます。



○4月2日 (木) 午前11時 由比若宮例祭(境外末社)
○4月3日 (金) 午前10時 若宮例祭
○4月8日 (水) 午前11時 旗上辨財天社例祭
○4月9日 (木) 午前10時 丸山稲荷社例祭
○4月21日(火) 午前10時 武内社例祭

2020-02-17

令和2年度 研修道場新規門人募集

 鶴岡八幡宮研修道場は、日本武道の普及振興を図る総合道場として、また武道を通じて心身の鍛練と誠実な人間形成に寄与する精神修養の場として創建されました。鎌倉武士の篤い崇敬を受けた鶴岡八幡宮の境内で、日本古来より伝わる武道に触れてみてはいかがでしょうか。現在研修道場では、令和2年度新規入門希望者を募集しております。興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

2020-01-15

〜節分祭ご奉仕のご案内〜

 2月3日(月)午後1時より節分祭を執り行います。これは、厄除・開運のご祈祷を行い、撒豆式(豆まき)を執行することで、悪鬼邪霊や災厄を祓う神事です。

鶴岡八幡宮では、舞殿での撒豆式の奉仕者(豆をまく方)を募集いたしております。皆様御参加をお待ちしております。

○受付場所 社務所
○初穂料  3万円
○締切   1月25日(土)
※年男・年女の方以外でも、ご希望の方はどなたでもお申し込みできます。

2020-01-01

「新年を迎えて」

鶴岡八幡宮 宮司 よし田 茂穗

明けましておめでとうございます。

新年にあたり、謹んで聖寿の万歳と国運の隆昌を言祝ぎ、あわせて氏子崇敬者の皆様方のご多幸とご健勝を心よりお祈り申し上げます。
昨年は御代替わりの年となり、新元号が定められ、譲位の儀式より始まり大嘗祭まで続いた、一連の新帝様の御即位の儀礼がつつがなく執り行われました。本年は神武天皇が御即位されてから二千六百八十年となります。日本が誇る悠久の歴史の支柱に存在する皇室の伝統が、これからも大御心を戴いて尚一層栄えます事を御祈念致します。
本年夏には五十六年ぶりとなる東京五輪が開催されます。来る六月三十日には聖火を携えたランナーが、鎌倉の歴史的・文化的魅力を発信出来る場所として選ばれた当宮の境内を駆け抜けることになっております。若宮大路や段葛、三基の鳥居や太鼓橋、舞殿や大銀杏等、様々な境内の史跡が聖火と共に映る姿は、源頼朝公御創建以来の武士の都鎌倉を海外に発信する一助となると確信しております。日の丸の国旗を背負って一所懸命努力するアスリートの姿は、鎌倉武士の精神に通じるものがあり、とても素晴らしく、令和元年十月に開催されたラグビーワールドカップ同様に、私たちに多くの感動を与えてくれる事でしょう。
東京五輪に併せ、海外からも多くの方が鎌倉に足を運ばれる事かと思います。そのような中、当宮でもこれまでに、英文のホームページや由緒書きの作成、各国大使館関係者による蛍放生祭や崇敬者大祭流鏑馬の祭典奉仕、ツルガオカインテレクチュアルサロンによる日本文化の紹介や、海外での御神楽公演など、様々な取り組みを行って参りました。神社としてこれまでに育んで参りましたそのような経験を活かし、来日された多くの外国人の方々を迎え、日本の文化に触れて頂き、「おもてなし」を感じて頂けたらと考えております。鶴岡八幡宮としても積極的に活動を続けて行く所存であります。
令和時代最初の正月に際し、伝統ある日本の国がこれからも益々栄え、今年一年が、これから始まる新しい時代が、国民一人一人にとってより良き年になる事を御祈念申し上げます。

2016-07-25

スマートフォン等電子機器のご使用に関するお願い

鶴岡八幡宮では、ご神域の尊厳保持、ご参拝の方の安全確保の為、ご本殿・ご社殿正面・参道などにおける、節度ある電子機器のご使用をお願いしております。
特に、歩きながらのスマートフォンの使用は、事故や怪我に繋がる恐れがあるのでお控え頂き、利用に際しては人通りの少ない場所へ移動するなど周りの方へご配慮をお願い致します。
今後も、皆様が気持ちよく安心してお参りできるよう努力してまいりますので、ご理解とご協力の程お願い申し上げます。

このページのトップへ

鶴岡八幡宮 〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 TEL 0467-22-0315 FAX 0467-22-4667
 mail@hachimangu.or.jp
COPYRIGHT © 2005-2020,The Tsurugaoka Hachimangu.All rights reserved.