周辺情報
若宮大路
若宮大路イメージ 古都鎌倉には歴史を偲ぶ旧跡が数多く遺されています。
由比ヶ浜海岸より八幡宮へ一直線に延びる凡そ2kmの参道を、若宮大路と称します。その名は八幡宮御創建当時の「鶴岡若宮」という名称より採ったと思われ、御創建間もない養和2年(1182)、政子の安産を祈願して、源頼朝公自らの指揮のもと、御家人たちが土石を運んで築造したと、吾妻鏡は伝えています。鎌倉の街作りの一環としての若宮大路は、京都の朱雀大路を模したものであり、頼朝公の武家政治創始への意気込みを表していると申せましょう。

また、車大路とも呼ばれたこともあり、将軍の御車が通る参詣道であったことがわかります。若宮大路の特徴は、道の中央に二筋の葛石を置き、その間を高くした「段葛」と呼ばれる形であることです。
あたかも道の上に更に道を置いたように見えることから、置路・置石ともよばれており、他に類を見ないこの道は、境内と共に国の史跡に指定されております。
段葛は社頭から由比ヶ浜まで続いていたのですが、後に地震の被害を受けるなどして、明治には現在の二ノ鳥居までの長さに短縮されました。
しかし、大正6年の補修の際に植えられた桜並木が、四季折々の姿で、参拝する皆さんの心を和ませてくれます。現在、若宮大路には松樹の植樹が進み、往古の松並木が甦りつつあります。

このように、若宮大路は八幡宮の参道として、また鎌倉の中心を走る主要な交通路として機能しながらも、鎌倉の古えの姿を後世に伝えていく古道なのです。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.