祭りの意味
夏のお祭り
七夕祭  
七夕祭
七夕祭イメージ
7月7日、七夕の夜に一年に一度、天の川を渡り彦星と織女が出会う逸話はあまりにも有名です。古くは中国から伝えられたものといわれ、日本で行われている七夕行事は中国の「乞巧奠」(きっこうてん)や星祭と、わが国固有の信仰とが習合して現在のような形になったといわれています。
万葉集の中にも七夕の歌が数多く詠まれ、古来は梶の葉に歌を書きお供えをしていました。
また、冷泉家に伝わる乞巧奠では、牽牛・織女の二星に種々のお供えをし、雅楽などを奉納してその技が上達するよう願ったといわれています。
当宮においても江戸初期の所見に七夕行事を行っていた記述があり、この古式に因み「七夕まつり」期間中には、当宮神職による「奉納雅楽演奏会」、7月7日には「七夕祭」を行っております。それぞれの願い事をお書き頂いた、梶の葉を模った色紙と、短冊型の絵馬が色鮮やかな五色の紐に結ばれてご神前に奉納されます。上宮の楼門内や舞殿の四方には、彩り豊なくす玉と吹流しなどの七夕飾りが笹竹に掲げられ境内は更に賑わいをみせます。七夕祭でお供えする神饌には、ウリやナス、ササゲなど古式に則り、季節の食材を用い、机上には琴や琵琶などの楽器を手向け、巫女による神楽も奉奏されます。
星降る夕べに雅な音色が響く中、いにしえ人の心に想いを馳せ、当宮では神と人、人と人の縁(むすび)をお祈りしております。

ぼんぼり祭
夏越祭・立秋祭・実朝祭
ぼんぼり祭イメージ ぼんぼり祭は、毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間(年により4日間)行われる、鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭です。
期間中、立秋の前日には夏の祓いである夏越祭、立秋当日には暦の上での秋の訪れを奉告する立秋祭、そして源実朝公の誕生日である9日には実朝祭が執り行われます。 境内には鎌倉在住の文化人をはじめ各界の著名人に揮毫いただいた書画約400点がぼんぼりに仕立てられ、参道に並びます。 夕刻になるとぼんぼりに灯りがともされ、境内は夜まで賑わいます。

ぼんぼり祭火入れ
ぼんぼり祭夜景
夏越祭(なごしさい)
当宮では昭和13年に始められたお祭で、夏の邪気を祓う神事が源平池のほとりで行われた後、参道で「茅の輪くぐり」を行い、健康を祈ります。舞殿では巫女により「夏越の舞」が奉納されます。


立秋祭
夏の無事を感謝し、実りの秋の訪れを奉告する昭和25年より始められたお祭です。御神前には神域で育まれた鈴虫が供えられます。


実朝祭
源実朝公の誕生日に執り行うお祭で、昭和17年より始められました。実朝公の遺徳をしのぶとともに、文芸に優れた公にちなみ、ぼんぼり祭中には俳句会、短歌会が催されます。

夏越祭
ぼんぼり祭イメージ

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.