祭りの意味
春のお祭り
菖蒲祭
菖蒲祭イメージ 5月5日の「端午の節句」は、「菖蒲の節句」ともいわれ、宮中では平安時代より盛んに催された節会の一つであります。
『公事根源』によると、この日は御所の御殿に菖蒲を付けなければ参内できないことや、宮中の「くすりのつかさ」が菖蒲を献上したことなどが見受けられます。
また、種々の薬を玉にして錦の袋に入れ、菖蒲や蓬を飾り付け、五色の糸を長くたらして作った薬玉は、古来より不浄を払い邪気を避けるものとされてきました。そして、この季節は馬の最も元気盛んな時期でもあり、種々武技が宮中において行われました。時代を下って戦国時代、武将達は兜の前立に菖蒲を束ねました。これは悪魔祓い、災い除けを信じていた証でしょう。そして菖蒲=尚武(武を尊ぶ)と同音から、武将達は好んで甲冑の模様に用いました。
徳川時代になると、そうした武器・武具・幟というようなものに対する憧憬が、男子の成長に結びつけられて、やがて一種の装飾として利用され、武者人形を飾ったりするようになりました。
今日、家庭で菖蒲や蓬を軒にさしたり、菖蒲湯につかり病気や邪気を祓い清め、無病息災を祈り、男児のある家で、鯉幟や武者人形を飾り粽(ちまき)を食べたりするのは、古来の心を今に伝える大切な行事です。
『吾妻鏡』によると、当宮では文治3年(1187)5月5日に初めて節句の神事が行われたことを記していますが、現在の菖蒲祭がこれにあたります。
当日は氏子崇敬者の無病息災と延命長寿を祈念して午後1時より舞殿において神事が執り行われ、舞楽の奉納があります。またこの日は、子供の成長を祈る日であるとともに、子供達にお年寄りに対する敬慕の念を抱いてもらう日でもあるということから、当宮の敬老会の日でもあります。
上へ

白旗神社例祭
若宮の東に鎮まる白旗神社は、源頼朝公、実朝公がお祀りされております。
社殿は八幡宮の朱に対して黒漆塗極彩色で、正面には武衛殿という島津久光筆の扁額が懸げられ唐破風向拝の4つの柱は、鋳物の上に漆が塗られているとても美しい建物です。

白旗神社は、かつて本宮の西側にあった頼朝公を祀る白旗社と、その西坂の下にあった実朝公を祀る柳営社とを、合祀して現在の場所に遷されました。白旗社については、社伝によると正治2(1200)年5月、白旗大明神の勅号を賜って妻政子が創建、また頼家の造立と伝えられています。白旗神社の例祭は、5月28日に執り行われますが、この頃は気候も良く参拝者は鎌倉市内だけではなく、遠方からも来られ、賑々しく斎行されます。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.