祭りの意味
正月のお祭り
節分祭
節分祭イメージ 「節分」とは本来季節の分かれ目を意味する言葉ですが、今日では立春の前日を指して節分の日と呼びます。1年の初めということで特に重視されたということでしょう。
この日は本殿での祭儀において弓矢を授けられた神職が、下拝殿において古式に則り鳴弦(めいげん)の儀を奉仕し、その後で豆撒きが行われます。
これらの行事はいずれも悪鬼邪霊を追い払う意味をもち、新春を迎えるにあたり災厄を払おうという信仰です。
当宮ではこの邪気払いの意味を込めて、節分に先立つ直近の土日を含む3日間「鶴岡厄除大祭」を執行し、開運厄除と攘災招福の祈祷を下拝殿にて行います。

丸山稲荷社初午祭
2月の最初の午の日は「初午」といわれ、京都・伏見稲荷大社を御本社にあおぐ全国のお稲荷様のおまつりの日で、このまつりを「初午祭」といいます。

初午祭の起源については、和銅4年(711)2月初午の日に、稲荷の神様が伏見稲荷の三ヶ峰にご出現になられたので、この日を記念しておまつりが行われているといわれます。

丸山稲荷社では初午の日に、午後2時より祭典が執り行われ、氏子の皆様方や特別崇敬者の方々で賑わいます。
上へ

祈年祭
古くは「としごいのまつり」と訓(よ)みました。「とし」とは「稔り(みのり)」の意味で、春のはじめにあたってその年の五穀豊穣を祈るお祭がこの「祈年祭」です。今日では商工業も含めすべての産業の発展、国家と皆様の繁栄を祈るお祭であり、毎年2月17日に斎行されます。
古くはこの祈年祭に際し、朝廷から全国の神社に幣帛(へいはく)が頒布されていました。今日でも、この日は皇居の宮中三殿においても祭儀が行われ天皇陛下が御親拝なされるのをはじめ、全国各地の神社で祈年祭が齋行されます。
なおこの祈年祭に対応する秋の収穫を祝うお祭が11月の「新嘗祭」ということになりますが、農耕民族であった日本人の精神性の源に通じる「祈年祭」と「新嘗祭」は、年に一度の「例祭」と並んで、特に重要な神事とされています。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.