The Tsurugaoka Hachimangu
 新着情報
 時節の祭
 教化活動
 鶴岡八幡宮墓苑
 槐の会
 申込用紙請求(個人)
 申込用紙請求(法人)
 季刊「悠久」
 悠久バックナンバー
 表紙写真の紹介
 更新履歴

トップページ

2020-09-18

七五三祝に関するお知らせとご案内

 本年の七五三祈祷は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部例年と対応を変更しております。
ご祈祷の流れや七五三祈祷をご希望の方は下記より詳細をご確認ください。



「七五三祈祷について」(PDFファイル

「七五三に関するQ&A」(PDFファイル

また、境内の記念撮影スポットを紹介しておりますので、是非ご覧ください。

「記念撮影スポットのご紹介」(PDFファイル

2020-09-15

「東日本大震災物故者慰霊と被災地復興への祈り」同時中継LIVE配信のお知らせ


本年の東日本大震災物故者慰霊と被災地復興への祈りは奈良と鎌倉の地で行い、ニコニコ動画を使用して同時進行します。執行の様子はLIVE配信しますので、皆様も画面を通して心1つにお祈り下さい。

9月29日(火) 18時〜

2020-09-07

流鏑馬神事中止のお知らせ

例年9月16日と10月の崇敬者大祭に合わせて執行しております流鏑馬神事は新型コロナウイルス感染症拡大防止を鑑み、中止致します。

2020-09-07

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う神社行事対応について

新型コロナウィルスの流行を受け、神社に於ける感染防止の観点から、今後の神社主催の行事等につきまして別紙ご案内の通り対応することとなりますのでお知らせ致します。

2020-09-01

神幸祭執行による道路混雑予想のお知らせ

令和2年9月15日(火)午後1時より神幸祭を執り行います。当日は境内から神輿が出発し、段葛東西の県道を巡行しますので、三ノ鳥居・二ノ鳥居交差点を中心に混雑が予想されます。何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

混雑予想時間
9月15日(火) 13:00〜15:00

※当日の天候により神輿が境内外へ巡行しないこともありますので、重ねてご了承願います。
※本年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、例年と内容を変更して実施する場合がございます。

2020-09-01

〜七五三祝のご案内〜

 11月15日は七五三祝いの日とされており、当宮の社頭も、10月より11月にかけて晴れ着をきた七五三祝いのお子様の姿で賑わいます。七五三は、男子3才、5才、女子3才、7才の節目に神様にお参りし、無事の成長を祝う行事です。子どもの健やかな成長を願うのは、いつの世も変わらない親の愛情です。お子様方がこれからも元気で無事に育つよう、八幡大神様にご祈念なさってはいかがでしょうか。当宮では11月に限らず七五三のご祈祷をいたしております。また、11月15日午前10時より舞殿にて七五三祈請祭を執り行い、子供たちが無事に成長し、明るい未来を迎えられるよう祈願いたします。皆様のご参列お待ち申し上げております。

※本年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、例年と内容を変更して実施致します。

2020-07-01

七夕まつり開催のお知らせ


七月に入ると、境内は、笹に飾られた短冊や、飾り物で華やかになります。七夕は織姫と彦星が年に一度、7月7日の夜に天の河を渡って会うという伝承に、裁縫や技芸の上達を祈る「乞巧奠(きっこうでん)」、そして日本古来の信仰が合わさった行事です。当宮の「七夕まつり」では、古式に因み、神と人、人と人の「むすび」を祈願し、琴や琵琶などの楽器を供え、芸が上達するよう祈念致しております。静かに風の流れる境内で七夕飾りを眺め、いにしへのむすびの祈りに思いを馳せ、更なる神様との縁を結んで頂ければ幸いです。

「七夕まつり」期間:令和2年7月1日(水)〜7日(火)
※この期間、ご本殿・舞殿・二ノ鳥居は七夕飾りで彩られます。また舞殿に於きまして鈴掛神事を執り行います。

七夕祭  7月7日(火)17時執行(於 舞殿)

奉納神賑行事のご案内
執行日時 7月5日(日) 16時30分〜 篠笛 佐藤和哉氏
       7月6日(月) 17時〜    ライブコンサート ハーフムーン

2020-06-21

鶴岡八幡宮公式インスタグラム開設のご案内

鶴岡八幡宮の公式インスタグラムを開設しました。
今後、祭典や行事、境内風景などの新着情報をお知らせしていきます。

また鶴岡八幡宮の結婚式「鶯吟亭」も公式インスタグラムを開設していますので、ぜひご覧ください。


インスタグラム「鶴岡八幡宮」 (外部サイトへ移動します)

インスタグラム「鶴岡八幡宮結婚式 鶯吟亭」 (外部サイトへ移動します)

2020-06-17

〜大祓自祓所のご案内〜


当宮では、毎年6月30日と12月31日に大祓式を執り行っており、多くのご参列を頂いておりますが、本年は新型コロナウイルス感染防止の観点から、6月30日は午後5時の1回のみの奉仕となります。
しかし、古来大祓式は疫病災変などに際して行われたこともあり、ご参拝の皆様に、当日に限らず大祓にご参加頂き、ご自身でお祓い頂けるよう、自祓所を設置しております。
心身を清め、疫病退散、無病息災の祈りを込めてご自身でお祓いください。
自祓所は、正面石段下、大銀杏前に終日設置しております。

ソーシャルディスタンスに配慮しつつ、ご参拝の際は、ぜひお立ち寄りください。
大祓については、もっと詳しく!をご覧ください。

大祓の特別剣札をご希望の方は、当宮手水舎向かいの社務所にて御初穂料をお納めください。大祓執行後、お伺いいたしましたご住所に剣札をお送りいたします。大祓特別剣札は、疫病退散、除魔を祈る袋に入れたままお祀りください。

※郵送事情等により一週間程度かかる場合がございます。

2020-06-17

〜特別授与品のご案内〜

授与品は本来、神社にお参りをして直接お受けして頂くものですが、今般新型コロナウイルス流行の影響により、外出自粛の要請や、遠方にお住まいの方、また諸種の事情により鎌倉へのご参拝が叶わない皆様に対し、当宮では郵送でのお申し込みをお受け致しております。特別に奉製した大祓の授与品をご紹介いたしますので、ご希望の方は以下ご参照の上、お申し込みください。ご紹介した授与品以外も郵送でのお申し込みをお受けいたしますので、ご希望の方はもっと詳しく!より授与品をご確認ください。

2020-06-17

除魔茅の輪守

 日本人の生活や神祀りに関わりのあるイネ科の植物、特に注連縄のように御神域をあらわすものに使われる稲藁や、災厄を祓いよける力のあるとされる茅萱などを用いて奉製しています。夏越・師走の大祓にちなんでお頒かちする特別なお守りです。ご本人様が身に着けて持ち歩いていただき、この困難を乗り切り清々しい日々をお過ごし下さい。
 初穂料 1,000円

2020-06-17

除魔守


身代わり守ともいわれる健康のお守りです。表裏に描かれている的は。源頼朝公が幕府に於いて年頭の事始めと魔除けを目的として行った伝統に基づいて行われる除魔神事に因んだものです。 除魔神事では大的の裏側に「鬼」という字を封じ込め、弓矢にて射抜きます。古来より弓矢には邪気を祓い遣る強い力が宿ると伝えられています。そのお力を頂いて、皆様の健康と、魔除を祈念しましょう。
※お守りの「鬼」の文字は上の角が無い鬼です。
初穂料 1,000円

2020-06-17

授与品の申込方法

以下必要事項をご記入ください。
・お名前
・お住所
・お電話番号
・希望の授与品名
・体数(個数)

特定の書式はございません。

@現金書留でのお申込
 必要事項をご記入の上、下記住所に現金書留にて「授与品料」をお納めください。

Aメール、FAX、お手紙によるお申込
 下記口座に「授与品料」をお振込ください。お振込後に振込済受領証(写)とともに希望に授与品をご連絡ください。

【振込先】
 郵便局口座番号 00260-1-2897
 加入者名 宗教法人 鶴岡八幡宮

【連絡先】
 メール mail@hachimangu.or.jp
 FAX 0467-22-4667
 電話 0467-22-0315

【送付先】
 〒248-8588
 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
 鶴岡八幡宮 祈祷係宛

2020-06-01

献詠披講式 短歌募集のお知らせ

 鶴岡八幡宮では和歌に精通し『金槐和歌集』を編纂したことでも知られる、源実朝公の功績を称え毎年3月に献詠披講式を執り行っております。つきましては、広く多くの皆様に短歌の募集を致しますので、下記要領により奮ってご応募下さいますようお願い申し上げます。皆様から応募していただいた献歌は全てご神前にお供えし、「献詠歌集」に掲載致します。なお、優秀作品につきましては、当日の祭典におきまして披講致します。

●兼題 「山」または自由詠(未発表作品に限る)
●投稿 葉書または原稿用紙に、作品(読みがな)、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、電話番号を、楷書にて記入。
●締切日 令和2年11月1日(期日厳守)
●献歌料 1首につき1000円(1人3首まで)
郵便振替(口座番号00280-2-70520)か、郵便小為替、現金封筒のいずれかでご送金ください。
●選者 尾崎 左永子・香山 静子・木村 雅子・津金 規雄・前川 佐重郎
●賞 実朝賞 鶴岡八幡宮宮司賞 選者賞 他
●宛先 〒248-8588
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
鶴岡八幡宮社務所 
電話0467-22-0315

2020-04-15

新型コロナウイルス感染拡大のためご参拝が叶わない皆様へ

御祈祷は神社に参拝して直接お受けいただくのが本来ですが、今般新型コロナウイルスの影響により、外出自粛の要請や、遠方にお住まいの方、また諸種の事情により鎌倉へのご参拝が叶わない皆様に、当宮では御祈祷の郵送申込みをお受けしております。

御希望の方は以下「もっと詳しく」をご参照の上、お申込みください。


2020-03-13

鶴岡八幡宮境内における取材・撮影について

鶴岡八幡宮境内(段葛を含む)は、厳粛な祭祀の場であり、神域の尊厳・清浄を護持する為、個人観賞の範囲を超える撮影行為(業務目的・公開目的等)や取材を行う場合、当宮の許可が必要となります。
境内における撮影・取材については別紙要綱をご参照願います。

2020-03-16

〜 攝末社祭典のご案内 〜

 鶴岡八幡宮境内には主祭神と縁の深い神様をお祀りする摂社、弁天様やお稲荷様をお祀りする末社があり、4月は桜や躑躅が満開の中、各社の例祭が厳粛に行われます。



○4月2日 (木) 午前11時 由比若宮例祭(境外末社)
○4月3日 (金) 午前10時 若宮例祭
○4月8日 (水) 午前11時 旗上辨財天社例祭
○4月9日 (木) 午前10時 丸山稲荷社例祭
○4月21日(火) 午前10時 武内社例祭

2016-07-25

スマートフォン等電子機器のご使用に関するお願い

鶴岡八幡宮では、ご神域の尊厳保持、ご参拝の方の安全確保の為、ご本殿・ご社殿正面・参道などにおける、節度ある電子機器のご使用をお願いしております。
特に、歩きながらのスマートフォンの使用は、事故や怪我に繋がる恐れがあるのでお控え頂き、利用に際しては人通りの少ない場所へ移動するなど周りの方へご配慮をお願い致します。
今後も、皆様が気持ちよく安心してお参りできるよう努力してまいりますので、ご理解とご協力の程お願い申し上げます。

このページのトップへ

鶴岡八幡宮 〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 TEL 0467-22-0315 FAX 0467-22-4667
 mail@hachimangu.or.jp
COPYRIGHT © 2005-2020,The Tsurugaoka Hachimangu.All rights reserved.