鶴岡八幡宮公式
Instagram
Youtube
神前結婚式公式
Instagram
Twitter

活動

季刊誌・書籍

皆様の信仰や歴史、文化へのご理解にお役立ていただくため、当宮では、年に4回季刊誌『悠久』の発行や、当宮関連史資料の編集・出版を行なっております。

季刊「悠久」

刊行の辞

神道は日本民族悠久の大道です。悠久の大道とは、思想の原則、国の体質の骨格をなす生き方といい替えてもよいでしょう。終戦直後、神道の綜合誌を発刊しようと、当時主として三十歳代の人々が同人となり、混乱している世の中に、不易の常道のあることを確信して、『悠久』と名付け創刊したのでした。
戦後、日本は目覚しい発展を遂げ「太平の代」を拓いた今日、物質的な繁栄の陰に精神的な拠り所を見失う結果となりました。私共は、日本の歴史を正しく学び取って日本の国の体質を自覚し、その体質の中で育まれた精神を取り戻さなければなりません。一時の休刊を経て『悠久』を昭和55年に再刊いたしました。

『悠久』最新号のお知らせ

161号 特集:『日本書紀』撰修千三百年

《口絵》
『日本書紀』撰修千三百年

《エッセイ》
令和のジャポニスム(森谷明子)

《論文》
『日本書紀』の撰修とその意図(荊木美行)
『古事記』『日本書紀』の成立にかんする再検討(笹川尚紀)
『日本書紀』の語法と文体(沖森卓也)
垂加神道と『日本書紀』(松本丘)
『日本書紀』の暦日について(細井浩志)

《連載》《八幡宮紹介》八幡山八幡神社(広島県安芸郡坂町) 他

令和2年4月号(令和2年9月発行)

定期購読のご案内

年間購読料
2,700円(4冊分・送料含)

メールでのお申し込み

1)メールにてお申し込み希望の旨をご連絡ください。
郵便番号、住所を明記いただくとご案内がスムーズになります。
2)当宮より振込用紙をお送り致しますので、年間購読料をお振込みください。
3)当宮にてお振込みを確認させて頂きました後、悠久をお送り申し上げます。
(お申込みいただいた時点での最新号からお送り致します。)

E-mail:bunko@hachimangu.or.jp

郵便振替からお申し込み

1)郵便振替にて下記事務局まで、年間購読料をお振込みください。
2)当宮にてお振込みを確認させて頂きました後、悠久をお送り申し上げます。(お申込みいただいた時点での最新号からお送り致します。)

悠久事務局
〒248-8588 鎌倉市雪ノ下2-1-31
鶴岡八幡宮社務所内
TEL:0467(22)0315
郵便振替
横浜00260-8-9654

書籍

鶴岡叢書第1輯 大伴神主家系譜集

昭和53年発行 頒価5,000円

当宮の旧神主家である大伴氏の系譜4点を収録しています。

鶴岡叢書第2輯 鶴岡社務記録

昭和51年発行 頒価10,000円

「社務記録」は歴代社務職の日記で、その職は「別当」が当たっていました。本書は初代別当円暁より第19代頼仲に至る歴代で、建久2年(1191)3月より文和4年(1355)4月までの約160年間の 記録を収録しています。

鶴岡叢書第3輯 觧明鶴岡八幡宮古文書集
(影印篇/釈文・解説篇)

昭和55年発行 頒価12,000円

本書には、鶴岡八幡宮および当宮関係の相承院ならびに神田孝平氏所蔵文書に含まれた当宮関係の古文献を収めています。

鶴岡叢書第4輯 鶴岡八幡宮寺諸職次第

平成3年発行 頒価10,000円

鶴岡八幡宮寺二十五坊の供僧職補任の記録である「鶴岡八幡宮寺供僧次 第」を始め、八幡宮寺の種々の補任記録を収録しています。

御鎮座八百年 鶴岡八幡宮

平成3年発行 頒価3,000円

当宮の御鎮座800年を記念して刊行した図録で、宝物・文化財を紹介するほか、当宮や八幡信仰に関する論叢も収録しています。

鶴岡八幡宮年表

平成8年発行 頒価12,000円

源頼義が由比郷に八幡宮を勧請した康平6年(1063)より平成8 年(1996)までの約930年間の当宮の歩みを、『吾妻鏡』や当宮に伝わる史料等をもとに年表にまとめたものです。

鎌倉の神社 小事典

吉田 茂穂監修 かまくら春秋
平成14年発行 頒価1,000円

鶴岡八幡宮寺二十五坊の供僧職補任の記録である「鶴岡八幡宮寺供僧次 第」を始め、八幡宮寺の種々の補任記録を収録しています。

購入の希望やご質問等は、
電話もしくはお問い合わせフォームより
お気軽にご相談ください。

鶴岡八幡宮社務所
TEL:0467-22-0315

お問い合わせ