宝物
国宝御神服【袿】5領
鶴岡八幡宮には、神功皇后の御神服5領が伝来する。

袿 白小葵地鳳凰文二重織
(しろこあおいじほうおうもんふたえおり)(1領)

これは表着であるので特に精巧に調製され、捻り仕立。表は白の小葵文の浮織地に浅黄・萌黄・薄紫・濃色の4色で、各段ごとに交互に向きをかえる鳳凰を縫取織で表した二重織物。裏は萌黄の綾織地で大きく向蝶の菱文を小さな茶花菱でつなぐ文様である。

袿 紫地向鶴三盛丸文唐織
(むらさきじむかいづるみつもりまるもんからおり)(2領)

この2領は同質同形同文で、重袿にあたる。捻り仕立。表は紫地に白・黄・萌黄・薄紫・濃色の5色で向鶴三盛文を浮文とする。裏地は紫の固地菱で唐花と向鶴の四つ菱で形づくった幸菱文で織る。

袿 淡香地幸菱文綾織
(うすこうじさいわいびしもんあやおり)(1領)

この単は薄赤く黄ばんだ色の綾地織で、大きい唐花菱と四唐花菱を交互におく幸菱文である。

袿 黄地かに霰文二重織
(きじかにあられもんふたえおり)(1領)

一番丈の短いもので、表は経白緯黄の霰地に4色のかにもんの浮織。裏は黄地で四つ菱文の穀織(こめおり)である。
御神服イメージ
白小葵地鳳凰文二重織

以上の御神服は社伝では後白河法皇が神前に奉献したとも、亀山上皇が蒙古襲来の際に国家の安寧を祈願し調進したとも伝える。

『新編相模国風土記稿』には「衣五襲、後白河法皇、神功皇后へ調進し給ひし物にて十二単と称す」とみえるが、白小葵地鳳凰文二重織の挿図だけは実物と大きく異なる。これら御神服は、通常の衣服より大ぶりであるが、これは御祭神の御料であるからで、大体2割方大きく仕立てられている。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.