宝物
国宝沃懸地杏葉螺鈿太刀2口
鶴岡八幡宮には、古神宝類として弓・矢・ヒラヤナグイ、太刀などの武具と女衣が伝来する。中でも太刀二口は正しくは「沃懸地杏葉螺鈿太刀」と称するが、一般には「衛府(えふ)の太刀」という名でよく知られている。

沃懸地杏葉螺鈿太刀イメージ

柄には銀出鮫(銀の薄板を打ち出して鮫皮状にしたもの)を着せ、四つ花形の目貫をすえ、佩表には俵鋲、佩裏には小桜鋲をそれぞれ4個づつ打っている。
これら目貫や鋲をはじめとして縁、頭、口、足、責、鐺、唐鐔、七つ金などの金具類はいずれも金銅無文である。
帯取、佩緒、手抜緒などは、細かい菊文白抜きの紅韋(べにがわ)をもって後補している。
鞘は金沃懸地に螺鈿で杏葉文を配する。

二口ともほとんど同寸、同形、意匠や技法も同様だが、1振は鐔などが後補。太刀の身はどちらも無銘。
柄イメージ
鞘イメージ

『新編相模風土記稿』には「二振は衛府太刀」とあり、「頼朝の帯せし物と云ふ」と伝え、太刀図と説明文が記載されている。また『集古十種』にも「杏葉太刀図」と「金具図」を載せている。

この沃懸地杏葉螺鈿太刀のような太刀は、近衛府の高官が佩用したものという。衛府の太刀という名称や源頼朝公所用との伝承もこれに起因するのであろう。

この太刀は鎌倉初期の最高位の武人が佩用する太刀の形式を示すものとして貴重であり、源氏の氏神鶴岡八幡宮にふさわしい御神宝である。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.