時節の祭
例大祭
七五三

11月15日は七五三祝いの日とされ、10月より11月末にかけて多くの七五三祝いのお子様で社頭は賑わいます。「11月15日」の理由は定かではありませんが、江戸時代に徳川綱吉の子、徳松のお祝いをその日に行ったからというのが通説です。また、七・五・三の数字の由来は、江戸時代の風習であった三歳の「髪置 (かみおき)」、五歳の「袴着(はかまぎ)」、七歳の「帯解(おびとき)」という儀式からきています。一般的に、三歳は男の子・女の子、五歳は男の子、七歳は女の子のお祝いとされています。しかし、更に時代を遡ると、地方によって子どものお祝いの仕方も時期も様々だったようです。江戸時代、都市化が進むにつれて各地の習俗が合わさり、現在の七五三の形ができてきたのでしょう。

形は違っても、子どもの健やかな成長を願うのは、いつの世も変わらない親の愛情です。お子様方がこれからも元気で無事に育つよう、八幡大神様にご祈念なさってはいかがでしょうか。
七五三祝いのご祈祷は本宮と若宮にて行っておりますが、ご祈祷内容等に変わりはございません。当宮では11月に限らず七五三のご祈祷をいたしております。
どうぞご家族お揃いでお参り下さい。



例大祭・神賑行事日程
ご祈祷受付時間 午前8:30〜午後4:30
御初穂料 1件につき5,000円よりお気持ちをお納めください。



もどる 上へ
Copyright(c)2002-2003,TheTsurugaoka hachimangu.All rights reserved.