歴史のはなし〜鎌倉人物志
白拍子 静御前
静御前イメージ 静御前は当代名うての白拍子で、義経との悲恋はよく知られています。若き武将と美しい白拍子との出遇いは劇的であり、また悲劇的でもありました。

義経は平家征討に活躍し、都での評判が高まるにつれ、兄頼朝公とは不和が次第に深まり鎌倉ではついに義経追討の議が決せられます。
京都にいた義経は鎌倉方の土佐房昌俊らに堀川の館を夜討されましたが、静の機転により危うく西国へ逃れます。
そののち静は雪深い吉野山に義経と行き別れます。やがて捕われ、義経捜査の為、鎌倉へ送られてきた静は、八幡宮の神前に舞を奉納することとなります。文治2年(1186)4月8日のことでした。『吾妻鏡』は「誠に社壇壮観、梁塵もほとほと動つべし、上下皆興感を催す」その感動ぶりを伝えています。静は頼朝公が期待していた関東の繁栄を寿ぐ祝儀舞に反して義経との別れの曲を舞うのでした。

 吉野山峰の白雪踏みわけて
 入りにし人のあとぞ恋しき
 静や静しずのおだ巻きくり返し
 昔を今になすよしもがな


感動を引き破る頼朝公の冷厳な態度に政子は「夫を慕う本心を形にして幽玄である」と訴えたのでした。『吾妻鏡』は頼朝公が卯の花襲の衣を褒美にそっと差出した事を記してこの出来事を締めくくっています。
静の舞イメージ

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.