歴史のはなし〜鎌倉人物志
漂泊の歌人 西行
銀づくりの猫を子供に与え立ち去る西行イメージ
銀づくりの猫を子供に与え
立ち去る西行
西行は出家前の名を佐藤憲清といい、北面の武士でした。
出家したのは保延6年(1140)10月、まだ23歳の若き日です。
  惜しむとて惜しまれぬべき
  この世かは身を捨ててこそ
  身をも助けめ

と詠んだ西行は、生の充実を図るために、所詮惜しみとおすことのできない現世を捨てたのでしょうか。他に道がないから出家したのでしょうか。

「重代の勇士」として共に朝廷に仕えていた西行と平清盛とは同年齢、両者の人生は著しく違うものとなりました。
「一門(平家)にあらざらん者は、みな人非人たるべし」とまでいわしめた清盛の栄華は、長く続くことなく終りましたが、出家した西行は、漂泊の心に誘われて、孤独な旅に出ます。
彼のゆらめく心は、その流麗な調べに歌い出され、風雲に身を任せ、未知なる遁世の旅に誘われていきます。

文治2年(1186)8月15日。
八幡宮に参詣した源頼朝公が、鳥居のあたりを徘徊する老僧をみつけ、名を尋ねると西行とわかりました。神事が終ってから頼朝公は館に招き、歌道の事、弓馬の事などを詳しく談じたと『吾妻鏡』は伝えています。

弓馬の事は忘却してしまったが、詠歌は花月に対し、心が感動の時、僅か三十一字を作るだけのことと西行は言っています。頼朝公はそこまで言いきる西行を引き留めたかったのですが、東大寺再建の勧進のため、藤原秀衡に会いに行く西行は、翌日ふりきる様に鎌倉をあとにしました。
頼朝公は銀作の猫を贈りましたが、西行は館の門外で遊ぶ子供にその猫を与えてしまったといいます。

漂泊の歌人西行には、旅と歌の世界だけが捨てきれず、そこに彼の人生や歌の真髄を窺うことができます。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.