歴史のはなし〜 鎌倉人物志
梶原景時
梶原景時イメージ
梶原氏は鎌倉権五朗景正によって代表される鎌倉氏の末裔で、鎌倉西部の梶原郷を本拠とした武士団であったといいます。
石橋山合戦では景時は平家方の大庭景親の軍に属していましたが、このとき敗れて洞窟に身を隠している源頼朝公を見付け、味方をあざむいて頼朝公を救ったことはあまりにも有名です。

その後頼朝公の幕下に加わり、侍所の所司となり、鶴岡八幡宮の造営奉行を務めるなど、鎌倉における頼朝公の地盤固めに才覚を振るい、その後は軍奉行として内乱終結まで各地を転戦することとなります。

鎌倉幕府内では頼朝公の懐刀として御家人の統制にあたりましたが、その苛烈な職務姿勢のために御家人たちの不興を買うこととなりました。
そして頼朝公という後ろ盾を失うと、景時はたちまち弾劾を受けることとなりました。
正治元年(1199)、景時は66人の御家人の連署によって指弾され、鎌倉を追放されました。
鎌倉を追われた景時は一時相模一宮に退いていましたが、再起を期して西国へ向かいました。しかしその途中駿河国狐崎で在地武士の手にかかり一族もろとも殺害されました。

景時は義経との確執によって讒言で人を陥れる悪人的イメージが強いのですが、才覚に溢れ、京風の教養を備えた人物であり、鎌倉幕府創業の功臣である事は疑いありません。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.